CATEGORY

×

CATEGORY

冬虫夏草 通販アイコン
酵素は凄い
起業支援
酵素食品
酵素とミネラル
多系統萎縮症患者の日記
 
がん細胞
冬虫夏草通販_食事革命アイコン
冬虫夏草通販_スポーツ
ニパウイルス
冬虫夏草の特許

世界に不可欠な超有望事業で起業する

起業支援
 
冬虫夏草トップ»  起業支援
ウクライナに侵攻したロシアによって激しい戦闘が勃発。西側諸国から支援を受けたウクライナが反撃に出ている。これによって世界は一挙にエネルギー不足になった。ロシアからガスの供給が止まったヨーロッパ、同じく、先行きが不安視される日本。地球温暖化防止の枠組みの中で化石燃料に逆戻りすれば、石炭・石油の高騰は火を見るより明らかである。世界は急激に、強烈にエネルギー欠乏の時代を迎えている。


 
具体策が見えない日本の世界公約
COP26
国連気候変動枠組条約・第26回会議が2020年10月から、カナダのグラスゴー市で開催されました。日本は菅元総理大臣によって「2050年までにカーボンニュートラルを達成」と宣言したり、また「2030年のエネルギーミックス(ガソリンと再生可能エネルギーを混合する燃料システム)に占める再生可能エネルギーの比率目標を46%に引き上げる」などの、脱炭素に関わる目標を設定し公表しました。
これに対してNGOからは「グリーンウォッシュ(誤魔化しの対策)だ」という言葉が寄せられました。目標への積極姿勢を見せつつも実際に達成できる目途は何も立ててないことから、単なる批判しのぎに過ぎないとか、具体策に欠けているといった批判の声が上がりました。



 

この事業なら世界公約を実現できる

ソルガム
カーボンニュートラルの切札「ソルガム」
「カーボン・ニュートラル」とは化石燃料(LPG・石炭・石油)の燃焼による二酸化炭素、メタン、フロンガス、一酸化二窒素など、温室効果ガスの排出をゼロ(ニュートラル)にするということで、排出量から吸収量を差し引いた合計をゼロにするという意味です。具体的な例として電気の発電では、化石燃料による発電を限りなく減少させて、同時に二酸化炭素を吸収するバイオマス発電を増やすということです。
現状においては
75%を化石燃料に依存しており、政府は、これに代わる有効な手段を見つけておりません。
公約を実現するには、ASS‐PLANに着目してください。政府、企業、国民の全てがこの事業を後押しすれば、持続可能なカーボン・ニュートラル構想は間違いなく実現できます




 

ASS-PLANで化石燃料ゼロを実現

ASS-PLANで公約実現
化石燃料がASS-PLANでゼロになる
上グラフは、2021年度発電における燃料の内訳です。これを見ると化石燃料が76%を占めて、太陽光とバイオマスによる発電は10%にも届きません。政府が公約に掲げた2050年まで残すところ28年間、全く新たで画期的な発電手段でも現れない限りは実行することが不可能なようです。
問題なのは公約の不履行だけでなく、化石燃料の不足と価格高騰です。ウクライナ紛争の影響でヨーロッパ諸国に天然ガスが供給されず、また日本もシベリアからの天然ガス輸入が、先の読めない状態で、これが原因でエネルギー価格が限りなく上昇をするといった状態です。
これがASS-PLANを施工すると、下グラフのように、
化石燃料が太陽光と植物燃料で賄えるようになります。太陽光によるソーラー事業は、東北大震災以来、盛んに行われましたが、これが温室効果ガスを吸収する森林を伐採して広げたため、理に合わず、今では中断した状態になっています。



 
耕作放棄地でASS-PLANを適用する
ソーラーシェアリング
ASS-PLANでソーラーシェアリング
森林を開発しないで何処でソーラー発電を行うかといえば、それは全国50万ヘクタールにのぼる耕作放棄地を再活用します。この面積は全国の農地の10%にものぼるという広大なもので、ここには後継者がいないこと、農業採算が合わないことなどが原因で、さらに増加する傾向にあります。耕作放棄地ではコメや野菜をつくらないばかりか、増加によって野獣や野鳥が増えたり雑草被害、不法投棄、犯罪の温床となるほかにも税収が上がらないため、地域荒廃の大きな原因となっています。
ここにASS-PLANを適用すれば政府が公約したカーボン・ニュートラルにも協力できるし、地域にとっても輝く未来が見えてきます。



 
トップに戻る