CATEGORY

×

CATEGORY

ショップ入口

 
 
l冬虫夏草サイト


 
 
冬虫夏草通販_スポーツ
冬虫夏草トップ»  食事革命

身体に良いものを食べれば元気になる|食事革命

FOOD INNVATION TOP
 

思い起こしてほしい「身体に悪いものを食べれば体調を壊し、食べ続ければ命を落とす。身体に良いものを食べれば元気が出て、食べ続ければ健康になる」という食事の基本。

がん発症の原因は化学物質なのに改善なし
ウサギの耳の実験
がん発症のメカニズムを裏付けたのは、およそ100年前です。当時の東京帝大(東京大学)医学部教授に就任した、山際勝三郎博士が行った「ウサギの耳の実験」でした。耳に傷を付けたウサギに150日も繰り返しコールタール(化学物質)を接触させる実験で、傷の周辺にがんが形成されました。山極博士のこの実験は世界で初めて、化学物質の継続的な接触が原因となって、がんが形成されることを立証して高い評価を受けました。

加工食品や冷凍食品がスーパーマーケットに氾濫しだしたのは、1980年ころ。腐った食材を販売しないという観点から、化学合成した防腐剤や酸化防止剤が使われるようになり、さらには、コンテナ船で赤道を超えてくる様々な野菜・フルーツにも防カビ材や防虫剤が施されるようになりました。これら化学成分が毎日のように消化器官に接触して、がんが形成。これががんの因子となって体中に広がるという可能性があるということです。



 
輸入ワインに潜む亜硝酸塩という猛毒
ワイン革命も必要

 
97年に日本テレビ系で大ヒットした「失楽園」の主演を演じた、川島直美さん。時には「私の血はワインよ」と言い放つほど、ワインを愛した女優でした。ところが、魅惑的でオシャレなワインには、表のオシャレ感覚とは似ても似つかぬ怖ろしい裏の顔が有ることを、ご存じなかったのでしょう。
川島さんの他にも、有名芸能人はワイン好き。有名になれば高額なギャラを稼いで、フランス産の高級ワインやシャンパンを「一晩に数本あけた」とステータスを誇示しているのかも知れませんが、実際には、輸入ワインの酸化防止剤は亜硝酸塩という毒物です。これを度々口にすると腸内細菌が失活して、がんのリスクが高まっていることを気づかねばなりません。

野菜に付着した残留農薬は重金属、外国産ワインに添加された酸化防止剤は猛毒化学物質ですから、これらがペルシャ絨毯にまかれた砂のように腸絨毛の谷間に蓄積して、がんの因子を増産して身体中にばらまいていることを、よく理解しなければなりません。






 
がんと国民医療費が同じく右肩上がり
添付推移表(厚労省統計 抜粋)のとおり、増加しつづけるがんと国民医療費について、真剣に考えてみませんか。背景が白色部分は過去50年間の増加、青色部分は現将来20年間の予測です。この数値からみると、我が子や可愛い孫たちが社会を担う時代には、がんによる死亡者数が年間50万人を超え、国民医療費は60兆円(自己負担分を含めれば約80兆円)を上まわっているでしょう。
国家総予算が100兆円なのに、医療費がほぼ同じ額になるという恐ろしい将来が見えています。そろそろ国民全体が真剣に考えて自己防衛してゆかないと、健康保険制度が破綻して、子供や可愛い孫たちが病魔に恐れおののく時代がやって来きます。



 
 
 
国民医療費と病気
国民医療費(青線)がん死亡者数(赤線
 

第二次大戦と死亡者数を比較
世界大戦とがん発病者を比較

 
がんが日本国民にとってどの程度のダメージになっているかを、過去に日本を取り巻いた大きな出来事と比較してみましょう。あの悲惨だった第二次世界大戦の戦争犠牲者は8年間で310万人を数えました。これを⒈年で平均すると39万人。今でも大騒ぎしているコロナ感染症は3年累積で3万人です。
そして今日、がんが原因で亡くなる日本人は世界大戦時とほぼ同じ、年間で36万人に達しています。しかもがんの死亡者数は右肩上がりに増加しており、来年にも世界大戦を上まわる死亡者数になることは、間違いありません。







 
ジャンヌダルクとマクガバンの快挙
がんの侵攻をくい止めるには、アメリカに倣ってフード・イノベーション(食事革命)を実践するしか道はありません。当時上院議員で副大統領だったマクバガン氏はニクソン大統領の命を受け、1975年に対策委員会を設け、医師2000人に対して、がんに打ち勝つ方法を調べさせました。2年の調査を経て議会上院に提出された報告書(マクガバン・レポート)を読んだマクガバン氏は、アメリカの歴史に残る大演説をしたといいます。
「私は馬鹿だった。今まで何もしないで病気の侵攻を許してきて、数多くの犠牲者を出してきた」と涙ながらに語って、その時からアメリカの食事革命がスタートしました。医療や食品に対する何の規制もない時代ですから、マクガバン氏は国会議員という立場を顧みず、因習に立ち向かったそうです。そして次の選挙で反対派の大パッシングを受けて議員の座を追われた。これはまるで、フランスを勝利に導いて断頭台の露と消えたジャンヌ・ダルクにダブってしまいます。





 
 
 
我が子と孫のために
 
 



 
ショップ入口