CATEGORY

×

CATEGORY

CATEGORY

l冬虫夏草通販_冬虫夏草5000年
冬虫夏草通販_新型肺炎アイコン
冬虫夏草通販_闘病記
冬虫夏草_2つの医学
l冬虫夏草makugyabann
冬虫夏草通販_がん
冬虫夏草通販_冬虫夏草の成分
冬虫夏草通販_スポーツ
冬虫夏草通販_冬虫夏草の価格
冬虫夏草通販_起業支援

INFORMATION

CONTENTS

 
 

冬虫夏草とは、冬眠している昆虫に寄生して栄養を吸収しながら菌糸を育て、暖かくなると発芽して地上に姿を見せるキノコです。バッタなど昆虫の異常繁殖をくい止めてきた天賦の備えとしても有名ですが、その効果効能が注目を浴びています。
自然界にはどこにでも分布しているキノコ菌ですが、チベット(中国西南部)の海抜4000m付近で採れていた冬虫夏草には不老長生、美容という効果効能が、秦の始皇帝や唐代の楊貴妃たちの逸話から語り継がれており、歴史的にも高く評価されていました。



 


 

 
上述の冬虫夏草が発生する地域は左図赤×印のチベット自治区からネパールに到る標高4000m付近です。ここは世界の屋根といわれるヒマラヤ山脈の麓の地域で5000万年前までは海の底でした。
大陸が衝突する度に隆起と火山爆発を繰り返して、現在のように、海底と地底のミネラルが混在する極めて希な土壌が形成されました。
さらに、赤道直下に近いため強烈な紫外線が降りそそぎ、真夏と冬の夜間の温度差は70℃を越えるという過酷な自然です。この過酷な地域に繁茂する草木は、極めてミネラル豊富(漢方生薬の要素)でフィトケミカル(過酷な大自然から自身を防衛するための栄養成分)を充分すぎるほど備えてますが、驚くことに、この強烈な草木を食餌として数千年も生き存えた昆虫がいます。
過酷な環境とそれに耐える草木、それを食べて育つ驚異の昆虫が冬眠で腐葉土に潜るとき、地球でもっとも強靱な菌類が待ち受けています。この菌こそ冬虫夏草で、地球に類を見ないほど強靱な効能効果を持ち合わせたキノコです。
残念ながらこの冬虫夏草、ドイツで開催された世界陸上競技大会で「馬軍団」と呼ばれた中国女子陸上チームが金銀銅メダルを独占する(冬虫夏草を食べながら猛練習したと発言)という快挙を達成して以来、世界中から買い求めのオファーが殺到。乱穫(胞子を飛ばす前に収穫)がすすんで絶滅が危惧され、価格も最高水準もので1キロ当たり1000万円という高値で取り引きされていました。したがって、これが一般庶民の口に入ることはありませんでした。


 


 
父親を肝臓癌で失った開発者が、癌に打ち勝つ何かを求める旅の途中で台北迪化街の漢方薬街に立ち寄ったとき、店内は客であふれんばかりで、夢中になってテレビを観ていました。
「何をそんなに驚いてるのか?」と問うと、漢方医たちは「冬虫夏草が凄いことになってる」というのです。ドイツの世界陸上競技大会で金銀銅メダルを独占した馬軍団の話題で持ちきりでした。
その時以来、開発者は冬虫夏草に魅せられ、台湾最高峰の阿里山を手始めに、冬虫夏草で名高い地域に飛んで精力的に採取を試みました。世界最高水準の冬虫夏草を培養して日本で人工栽培し、癌に泣いている多くの人々に食べてもらいたいという夢を描いたのは、1993年夏のことでです。

 
右写真は自然界の冬虫夏草を現地で収穫した時のものです。指先でつまんでいるのが昆虫のサナギで、頭の部分から3本の子実体(黄橙色)が伸びています。サナギからは無数の菌糸が周辺の腐葉土に広がっていて、さらに菌糸(右白色)は土中の瓦礫の中にまで伸びていました。
ということは、1匹のサナギに寄生した冬虫夏草という菌株が昆虫の栄養成分を吸収しながら菌糸を伸ばし、サナギの周辺の腐葉土に広がって腐葉土の栄養成分を吸収しながらさらに菌糸を伸ばし、およそ直径1メートルほどの範囲の栄養成分(昆虫+腐葉土+鉱物)を吸収し尽くして、暖かくなると子実体を設けて一気に​地上に姿を現すということが分かった。
 


 



 



 
地球の栄養構成が植物成分・動物成分・無機成分という3界の成分で成り立っていることは、ご存じのとおりでしょう。そして3つの成分が凝集した場所から発生するのが、世界最高水準の冬虫夏草であるという仮説を立てました。開発者は自身が自然界で目にした経験のとおりに、植物成分として漢方生薬を選択し、動物成分として自重の300倍を持ち上げるという擬黒多刺蟻エキスを採取して3界の成分による栄養豊かな培地をつくり、きわめて生育効果の強い冬虫夏草を発芽させることに成功したのでした。


 

 
本サイト公開者は2003年に世界に先駆けて、自らが開発した冬虫夏草の日本における本格栽培に成功して特許権を取得、普及を開始しました。以来18年にわたって日本各地に栽培地を広げ、大学や医療、研究機関に虫草菌を供給するなどの普及活動を精力的に続けています。日本にはあまり馴染みのなかった冬虫夏草が、17年9月に、世界的権威であるアメリカの科学誌「Cell Chemical Biology」に高い抗癌性を示す論文が掲載されて、示された効果効能が世界的に脚光を集めるようになりました。

 
 <     3 >