培養したがん細胞に微量の冬虫夏草を投与した試験の結果


癌細胞阻害試験

BGS冬虫夏草から驚愕の試験結果

冬虫夏草とがん細胞の対決結果を発表します。BGサイエンスに寄せられたデータから検証してみると、上のような結果がでています。BGS冬虫夏草の細胞阻害データ(赤線)と、他社の昆虫に菌糸を注射して発芽させた冬虫夏草データ(黒線)の比較試験で、使用細胞は人間(ヒト)肺腺がん細胞、比較した時間は72時間です。
がん細胞阻害率の比較ではBGS(赤線)は「95%以上が消滅」そして他社は「大差なし」という結果でした。
他社の「大差なし」という結果は、がん細胞が増殖しなかったということなので決して悪いものではありませんが、これに比べ、大部分が消滅したというBGSの結果には驚かされました。

48時間後に85%のがん細胞が消滅

顕微鏡で見る
つづいて、日本のA製薬会社研究室が行ったBGS冬虫夏草の「腫瘍細胞増殖抑制測定」の顕微鏡実写データを上に添付しました。これによると、BGS冬虫夏草0.01%水溶液を添加して48時間後には肝癌細胞数の85%が消滅するという測定結果がでています。但しこれは実験データであって、ガンが治るということを表現したものではありません。
詳細についてはここをクリック
注)BGSとは(株)BGサイエンスの略称です

 

波動測定でも驚異的な数値

波動測定
冬虫夏草トップ画像

 
冬虫夏草vs.がん細胞|直接対決の結果は?
Copyright (C) 2005/03/01-2018/08/24
BG SCIENCE CO,LTD